ミズクラゲの思考.ver2

雑文を垂れ流す

変わる世界と変わらない世界と

最近のキズナアイ周りで議論が起こっていることそのものがすげーSFチックで面白い。ほんともうほとんどの大衆が意識しないレベルで世界の概念が書き換わっていってるんだなぁというのが見てとれて世界が変わっていくのが面白い。

というのと

若おかみは小学生!を見て日本の変わらない風景や根源的な良さみについてと、映画見て泣いたって話を書こうと思ったけど眠いので寝る。

泣いたけど、正直もう30分足してもいいよと思う箇所もあって、手放しで人にオススメはせんなぁって感じだった。いやかなり良作でしたけどね。完成度という意味ではもう一歩欲しかったという印象。 

アルドノア・ゼロを全話観た

どうも、ゴドーです。

アニメ、アルドノア・ゼロを全話観ました。観終わった感想をつらつらと書きます。

ネタバレ含むので注意してください。あとは別にためになるようなことは書けません。あしからず。

 

物語のあらすじとしては、かつて火星に移住した人類がいて、古代文明の遺産アルドノアを発見したことにより、技術は革新的に発達していったのですが、食料や自然などの資源枯渇、それに伴う青い空や海などの地球への憧憬、などの反地球感情が高まってしまい、軍備拡大し資源豊富な地球に大して戦争を仕掛けきて、地球で学生をやっていた主人公たちがなんやかんやあってそれと戦うといった感じです。

物語のはじまりは、和平を望んだ火星の皇女アセイラム姫が地球に訪問した際を狙って、戦争を望む火星の騎士達(火星は王族とそれを守る騎士達という貴族階級です。貴族達にはそれぞれ特殊なロボットとそれを起動する権能が与えられます)によりクーデターが起こされ、それを地球側の和平放棄だという旗印にして惑星間戦争が始まります。

で、まぁなんやかんやあって終結するんですが、一つ一つの戦闘シーンは主人公の無双により気持ちよく進んでいくんですが、大局としての物語が、それぞれのキャラクターの願った通りにひとつもいかない展開でなんかモヤモヤとしたものが残りました。あとPTSDの大尉の話を長々とやってた理由は一体・・・。

全体としては面白かったですけどね、カタクラフト(作中のロボットの名称)はかっこいいし、主人公の無双っぷりは気持ちがいいし、敵キャラクターも戦争童貞かつ相手をナメくさってるせいでボロボロとやられていきますが、味のあるキャラ達でした。

あとは要所で流れる音楽がとても素晴らしいので展開に合わせて気持ちをしっかりとアゲてくれます。劇伴の演出効果を特に大きく感じました。

ただなんというかただの僕の好みなんですが、主人公とヒロインが結ばれない作品ってモヤモヤするんですよね。綺麗な別れとかならいいんですが。結局はそこですね。それだけで作品の良し悪しが変わるとは思えないので、それとは別に良作だったとは思うんですが、最後アセイラム姫が帝位を継いだあとに、王に忠誠を誓っていた序盤に死んだ人の息子と婚約を発表するのですが、その婚約いる?という疑問が残りました。普通にスレインとの婚約破棄、帝位継承だけで最後スレインを逆賊とする流れのハクはつくのでは?と・・・主人公のイナホが全部持っていく展開も寒く思ってしまうというか、リアリティに欠けてしまう気もするんですが・・・が、無理。なんかポッと出のイケメンが美味しいとこもってって感情移入できない。あそこだけは。イナホはモテモテだし女の子には困らないだろうけど、散々物語の中でアセイラム姫への執着の話が出ていたのにそれに結論が出てるのだろうかと疑問に感じました。他のヒロイン候補と良い感じになる話があるわけでもないので、そのへん全部放り投げて劇場版とかでアセイラム姫とくっついてくれれば良かったのに。尺の都合なのか、脚本の性癖なのか、語られていない展開の都合上なのかはわかりません。

ただ自分は裏設定みたいなのも好きですけど、作品で見て取れるものがその作品の全てだとも思うので、この点は単純に僕とは合わなかったということですね。悪いってことはないです。王族側の騎士達の感情を納得させるための決定打足り得たんでしょう。あとは姫が滅私にかける心情を表現したシーンであったり、あのポッと出が実は結構な権力者だったりするんでしょう。でもなぁなんだかなぁ。

イナホが一度死にかけて助けて、さらに脳と直結する義眼を移植して高負荷に耐えながらも必死に救い出した結果があれかぁ・・・。なんだかなぁ・・・。

と思う人が多いのか、わりと賛否両論な作品みたいです。あとはたぶん相手騎士達が油断につぐ油断で雑魚死するあたりとかですかね。期待の性能差は圧倒的なのに。

ただ映像のクオリティ自体は高いのでなんとも。あとは劇伴が良かった(大事なことなので略)

とりあえずかっこいいロボがかっこいい音楽に乗って圧倒的な戦力差を覆してくみたいな展開が好きならオススメします。僕はたぶんもう見直すとかはしないです。

 

余談

Amazonプライムビデオで見たんですが、プライムビデオは神です。dアニメストアバンダイチャンネルとも提携していくっぽいのでアニメにおいて一強サービスになると思います。そしてプライムビデオ自体にも感想を書く機能があります。

一度素直な感想を書いてからと思って、これを書いてから見たんですが、大体褒めてる箇所も良く思えなかった箇所も同意見でした。そうだよね〜。やっぱイナホもスレインも報われなさすぎるよ。それをリアリティだとする気持ちもわからんでもないけど、雑にまとめたなとも見えるよね。

 

Twitterとかに書くにはネガティブだなぁということをブログに書いてるのでなんか負の方向性が強くなってしまっていってる気がするなぁ。まぁいいか。

それでは。

べき論が嫌いだ

どうも、ゴドーです。

まだ生きてます。

 

何々をやる「べき」だ。

す「べき」だ。

という言い回しが死ぬほど嫌いです。

たかだか数十年生きて死ぬだけの人間が本当にやるべきことなんてあるんでしょうか?

誰が決めたんでしょうか。

誰が守っているんでしょうか。

誰が応えてくれるんでしょうか。

やらないことも、しないことも、逃げることも、やることも、することも、戦うことも全ては自分で責任を負うからこそ、自分の足でこの世に立って生きるということだと僕は考えます。

ただし、「べき」という言葉を使わない「べき」だ。

なんて自己矛盾はしません。

ただ表明します。嫌いです。

何も、誰の責任も負わず、ただただ人を追い詰める言葉を、無配慮に、無作為に、無法に吐くものが。

人を許し受容する側というのは言葉を慎みます。選び、思考し、丁寧に伝えます。

人を追い立て拒否する側というのは言葉をただぶつけます。

その場合、この世に表出するのは後者が多いです。

そうなると前者の受け皿には、どんどんと自分と違う言葉が乗っかってしまいます。

それは辛い。

なので、僕はその言葉を吐くものの存在は許します。

自由に吐くといい。

ただし、表明します。嫌いだ、と。

僕は僕自身の言葉と価値観を持って人に伝え、受け入れ、この世で地に足をつけていきます。

 

ただの愚痴でした。

自由に生きていきましょう。

それでは。

クソ雑魚エンジニアの苦悩、または愚痴

どうも、ゴドーです。

まだ生きてます。

 

AmazonからEchoの購入権利あげるよメールきてたけど、金ないしやめとこって

見送ったのに空の境界20周年記念版を買って34000円をぶっ飛ばす。

少し後悔。でもいいんだ。空の境界には思春期を助けられたからね。

 

そんなことより

大体のwebサービス作る時って、GitなりSVNなりのバージョン管理ツールは

当たり前としてもphp,html,css,javascript,DB(SQL)を覚えないかんですよね。

俺なんかはもうね、この時点でもういっぱいいっぱいになります。多くね?覚えること。

さらにUnityで開発だーってなると、上記はサーバー側とその他の宣伝サイトとかで

使いつつ、C#を覚える。

さらに継続的インテグレーションしたいよねつってJenkinsとかの

CLIツールの使い方を覚えたり、それらで開発したもんのドキュメント書いたり

そのドキュメントをまとめるナレッジサイト整えたり。

まぁ俺はCLIとナレッジサイト自体は触れてないけど。

 

でさー、それぞれの言語はそれぞれで進化してるわけで、cssは最近でもないけど

sassってのが主流だし、C#書いてると、シングルトンはちょっと使いづらいよね的な

流れがあったり(よく理解してない)、html5でゲーム開発だーみたいなのもあったり

でみんなバシバシ使ってるんだけど、ほんとすごいよね。みんな。

ついていくのにいっぱいいっぱい過ぎて、学ぶ暇がなくて、つらい。

周囲のレベルが高い。俺みたいなクソ雑魚エンジニアは他におらんのかw

そもそも向いてないのか。でもプログラミングは嫌いじゃないし、現状、他の職で食えるアテがない。

 

そして土日も仕事になると、ちょっとゆっくりして英気を養ったうえで

よーし勉強するかーするくらいでいたいところが、そんなこともできないまま

また月曜がはじまる。

こんなんじゃアカン、一人でサービス作れるくらいにならんと&最近の技術学ばんとってことで、買ったUdemyのコースがあるが途中も途中で放置中。

普段の仕事自体は場当たりで対応してるから、設計して実装してイメージ通りだぜイェーイ的な成功体験を経るっていう、成長を実感できない。

って状態なんだけど、会社にいるの自体はそこそこ長くなってきてて

それなりの働きを求められるし、そろそろリーダー任せてもいい頃なのになぁ〜はぁ〜

みたいに見られてて、もうまじで????????

会社にはいったころは4年くらい死にプロジェクトにいてレガシーコードの更新更新

で陰鬱とした日々だったんだけど、あそこでもっと勉強してレベルアップしてれば

良かったんだろうね、クソが!チキショウ!そんな心の余裕なかったわ!

そもそもこちとら働きたくないんじゃー!!!

空から女の子と6億円降ってきてくれーーーー!!!!!

 

よく求人で1年目からプロジェクトを任せます!やりがいのある仕事を!とか3年目の先輩からのアドバイス!業務効率をあげるツール開発!とか5年目の大ベテランは業界でも一目置かれた存在!とかあるけど、ほんとにそんなノリで働けてる人ばっかなの?世の中エンジニアって足りてないんじゃないの?つまりもっと「できない人」ってのもいるんじゃないの。「できる人」の速度感でやらされるのって辛くないのかな。できないことを笠に着るつもりはないけど、もうちょっとのんびりやらせてもらう層ってのもいていいんじゃないの…でもできる流れに乗れていないとアルバイトなり派遣なりで(悪いと言っているつもりはない)保障少なめで生きていかないかんのよね。なに?世の中つらくない?楽しいかこれ?

なんとかこの「できる人」の輪から脱却したい。俺の金の稼ぎ方を見つけなければ…。

が、ここまで書いた感じで、そのための気力が湧かない雑魚なのです。くそぅ…くそぅ…。

 

もうちっと真面目に書きたいことあったんだけど、モヤモヤをアウトプットしないと

死にそうだった。

以上、タイピングの練習でした。ちゃんちゃん。

はてなブログに移行するのか

はてなダイアリー使ってたらブログに移行しませんか、とか出てきたけど

記事はまた1からになるんかーい。

 

とりあえずゴミでも積み重ねてる感がいいのに。

でも物は試し、使い易くなったっていうなら使ってやろうじゃねーか。

(偉そうな消費者)

 

今これを書いてるビューワー通りに表示される感じなのかな。

試しにちょっと長文を書いてみるか?ということで、俺はスッパスギールというお菓子が大好きなんですが、酸っぱいお菓子っていうのはなかなか人権がなくてですね、コンビニに売っててもすぐに消えてしまうんですよ。そりゃ本来人間にとって酸味っていうのは腐ってる食べ物を検知するための警報なので(っていうのもむかーしに友人から聞いたです。間違ってたらI君のことを殴ってください)、酸っぱいものを好んで食べる人ってのは少ない訳だ。でもなぜか俺は子供の頃から、酸っぱいものが好きでシーズケースだったり、かむかむレモンだったり、ポッカ100レモンレモンそのものだったりを食べたり飲んだりして生きてきたのです。大体の酸っぱいことを売り文句にしてるお菓子はね、甘い!甘いんですよ!文字通りね!物足りなさすぎて、最近はカリカリ梅とかのほうに走ってたんですが、酸っぱい商品が次々と売られなくなっていく世の中で、やっと出ましたスッパスギール。amazonレビューでは食べすぎて胃が荒れただの、頬から出血しただの、舌が腫れただのみんなの狂喜乱舞する声が続々ありますが、わかる、わかるぞ同志たちよ。このくらい酸っぱくないと満足できないんですよね。口に放り込んだ瞬間に頬の唾液出すとこからジュワッと唾液が飛び出してくるくらいの酸っぱさじゃないとね。おもわず箱買いしちゃいました。4箱、毎秒食い続けるとほんとamazonレビューの方々みたいになっちゃうので、節度を持って食べていますが、おいしい、おいしいよ。ありがとう明治、ありがとうスッパスギール。スッパスギールよ永遠なれ。あとシーズケースはまじでどこか類似商品を開発して販売してください。あれもまた最高でした。

 

というわけで適当に文字修飾も試してみたけど、はてなダイアリーのHTMLそのまんま書けるところ好きだったので、そのへん見えないのはちょっと残念かも。見るモードもあるんかな?まぁいいや。

追記:管理画面にあったわ。

全体的にUIは見易くていいっすね。まぁこんなん既に使ってた人たちからしたら当たり前なんだろうけど。

 

なんとなく1000文字書いたし終わりということにする。グッバイ。